<< 草刈り | main | くりんこ祭 >>
2009.07.24 Friday

どろんこ館

0
    ワークショップの調査のために、小布施からはるばる愛知県常滑市にある「どろんこ館」に行ってきました。
    ここには、土を用いた生活に関わる様々なもの(タイルや便器など)が展示してあり、さらに土を扱う左官職人の技術を学ぶ、学習・体験コーナーがあります。
    夏休み中ということもあり、多くの家族連れでにぎわっていました。

    ここで「土博士」と呼ばれる、INAXの研究員の方にお話を聞くことができました。
    土を用いた日本伝統の左官技術である「三和土(たたき)」を、科学的に分析し、現代の住宅や道路の舗装などに応用できないか研究をされており、最近ではカンボジアにある世界遺産「アンコールワット」の改修にも、ここで研究された「三和土(たたき)」の技術が用いられ、注目されています。
    「三和土(たたき)」が、空気や湿気を取り込み、場所によってはコンクリートよりも耐久性に優れていることが科学的に解明され始め、改めて先人たちの技術の素晴らしさに感銘を受けました。
    ぜひ、この「三和土(たたき)」という伝統技術を、小学生たちに泥だらけになりながら、楽しんで学んでほしいと思っています。

    写真の建物の壁は「版築(はんちく)」といって、下から上へと少しずつ土を重ねながら突き固め、壁を形成する技術で作られています。法隆寺や万里の長城でも同じような技術が用いられています。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM