<< 小布施町立図書館プロポーザル審査の体験 | main | 建築批判としてのまちづくり、「困難な全体」 >>
2007.10.31 Wednesday

小布施の図書館建設「専門部会」への期待

0
    まちづくり研究所を組織して動いていると、当然のことながら、行政の内部のことが分かってきます。良いことだが、問題でもあると思うのは、行政のそれぞれの部署がノウハウを蓄積して大体分かると、つっぱしることで、こちらが気がつく頃には、行政内部でおおよそのことが決められていることが多いのです。相談にくるときには既に・・・・という感じですね(苦笑い)。町立図書館設計者選定の審査委員会についても、建築関係者の委員の数をあのときに増やしていなければ、結果はどうなっていたでしょうか。非常に歩み寄りの少ない議論を延々と繰り返して、審査委員は疲労困憊。「図書館」と言えば、ある理想像がその場を支配し始めるのには、本当に困りました。この小さな図書館が「スーパーマーケット」である必要はないし、「スーパーマーケット」になれば「小さいながら本格的図書館」だということにもならないはずなのに、この議論は、これからも繰り返されるでしょう。今回この種の議論にタフに対応する古谷誠章氏が選ばれたことは、今後の展開を期待させますが、彼が登場する前に着々と準備が進んでいます。「今回の図書館が交流センター的性格を併せ持つ面白いプログラムだから私は参加した」と彼は、公開プレゼンテーションの場でも明言しました。■これからできる「専門部会」が、町民の願いを本当に代表するものであるか否かが、決定的に重要で、どういう人の集まりであるかに注意しないと、すでに小布施駅の隣にあるスーパーと同じような「図書館」が再び誕生することになるでしょう。集まるのが図書館の専門家のみではなく、広くまちづくりに関心をもつ人であってほしい。ここを間違えると、いたずらに時間とエネルギーを消耗することになるでしょう。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM